2016/5/21 土曜日

Filed under: 未分類 — mtd @ 0:49:06

にんじん1本そのままを彫りました

Filed under: カービング, 生徒さんの作品, carving — mtd @ 0:21:38

jfbl160519_202955.jpg

姫路教室で、にんじんそのまま1本を彫る課題をしました。

パーツを切り取って花びらを作り、1枚1枚の花びらが開いたようになり

ます。

接着剤などでくっつけているパーツはありません。

切り取る部分が多いので、切り取ったパーツもお持ち帰りいただき、お料

理に使っていただくようにお願いしました。

カービングの作品をご覧いただく際、「もったいない」とよく言われま

す。

一つは好意的な意味で、「綺麗だから、こんなの食べられない、もったい

ない。」というものと、一つは否定的な意味で、「食べ物を切り刻んで

無駄にして、もったいない。」 というご意見です。

後者の方のご意見を伺うと、とても悲しい気持ちになります。

そのような時は、「切り取った部分も捨てずに料理していただいてい

ます。」と申し上げます。

もったいないという考えは、日本の、ものを大切にする考えだと思い

ます。

東南アジアの方とお話すると、「野菜は安い。いくらでもある。」とい

うご意見を伺います。気候の熱い国は、植物は放っておいてても育つ、

というお気持ちがあるようです。米も1年に何毛作もできるくらいです。

気候が熱い国では、食べ物は傷みやすく、傷んだものを食べるより処分

した方がいい。日本人よりも食べ物を廃棄することに躊躇が少ないよう

に感じます。

野菜や果物のカービングが東南アジアの国で発達したのもそういう土地

的な背景があるのかもしれないと思います。

さて、私はレッスンの際、いつも野菜を皮むきした状態で、皆さんに

お渡しして細工を始めます。

ということで、 今回は皮むきした部分だけでも大量にありましたので、

持ち帰ってシチューにしています。

2016/1/3 日曜日

明けまして、おめでとうございます。

Filed under: カービング, carving — mtd @ 2:30:21

bl6125.jpg

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
以前こちらに載せた年賀状用に彫った野菜のカービングは、本番には使い
ませんでした。
単体ではいい出来だと思っても、いざ複数で合わせてみるとあまりピンと
こなかったりして、使いたいなぁと思っても使いません。
今年も、用意していた器にしっくりこず、なかなか最終のアレンジを決めることができませんでした。
結局最終的に使ったのは、当初はサブ的な扱いにしようと思ってカービングした花でした。

2015/10/2 金曜日

Facebookを始めています。

Filed under: 未分類 — mtd @ 23:22:51

4日に開催される日本タイカービング協会主催の第7回タイカービングコンテスト

の為に、3日から準備で行って参ります。

Facebook は、チャート先生が今年3月にお亡くなりになった際、その情報が

Facebookに載っていたとのことで、その際に情報を読む為に、始めることに

なりました。

Fusako Manyama で 検索してください。

2015/8/18 火曜日

涼しげなスイカのカービングを飾ったトマトとスイカのガスパチョ

gsimage1.jpg

先日、レッスンで彫ったスイカの皮の部分を分解して、N様がトマトとスイカの

ガスパチョ(冷たいスープ)に飾ってくださいました。

いろんな柄があって、複雑で面白いです。

「カップのふちに掛けると、なんだか鳥が飲んでいるようも見えました!」との

こと、本当に鳥が首を伸ばしてスープを飲みに行っているように見えますね。

色が涼しげで、暑さを軽減させてくれるようです。

2015/6/24 水曜日

カブをカービングしたお料理

Filed under: カービング, 生徒さんの作品, 料理, carving, student work — mtd @ 1:25:31

受講生のN様が、涼しげな写真を送ってくださいました。

kbfullsizerender_edited-2.jpg

「かぶのカップ キュウリと梅ゼリーを詰めて」の写真だそうです。

以下、N様のメールより、

梅シロップを使ってゼリーを作り、クラッシュしてみじん切りのキュウリと混ぜて、

かぶのカップに盛り付けました。

かぶのほのかな甘みと、梅シロップゼリーの甘さ、キュウリのさっぱりした味で、

見た目にも、味も、涼しい一品となりました。

・・・とのことです。

お料理に合うデザインは、崩れたりしないようにシンプルなデザインが向くと思い

ます。

とてもかわいい模様だと思います。

2015/5/1 金曜日

シェリムアップ、カンボジアの素晴らしい彫刻

Filed under: carving — mtd @ 18:11:24

st1670.jpg

カンボジアのシェリムアップには、よく知られているアンコールワットやアンコール

トムの他にも多数の遺跡があり、どちらの遺跡も素晴らしく、何か所も訪問する

と、私の小さい容量の頭が飽和状態になるほどでした。

遺跡の壁に隙間なく施されたレリーフ彫刻は、当時の生活様式を豊かに表現し

たり、時間があれば、端から端まで順を追って、物語を読むように見てみたかっ

たです。

私は何カ国かのアジアの国を訪れたことがありますが、その中でカンボジアの

彫刻のデザインが最も私の好みでした。

偶像は、恐らくその国に暮らす人々をモデルとしてデザイン的に美しくデフォルメ

されて作られているのだと思いますが、日本の仏像は、丸顔、鼻は低めで目は

横長の1本ラインのよう、ボディラインは寸胴、スリランカの仏像は仏像は、鼻筋

が長く、頬は細め、首も長くボディラインは、スレンダーな感じ。

カンボジアの偶像は、目がぱっちり、女性は放漫なナイスバディで微笑みを浮

かべています。動物も目がぱっちり。こま犬ならぬ、門番の獅子は、お尻が、ぷ

りっとしています。

ki2449.jpg

私は、ベジタブル・フルーツカービング(ソープカービング)をしていますが、

カンボジアには、たくさんの参考になる彫刻がありました。

2015/4/7 火曜日

チャート・カンシ先生の訃報

Filed under: タイ — mtd @ 2:53:19

11083847_10153134196198851_3231984169336540256kn.jpg

タイとカンボジアに旅行をして来ました。

タイに行く際には、必ずチャート先生にお目にかかっていました。

先生にお世話になって約15年になります。

この度のタイ訪問の際、3月30日に会う約束をしました。

先生がお亡くなりになったという情報を、3月22日に日本タイカービング協会の

森田先生のメールにて知りました。

その3日前に、先生と30日に会う約束をしたので信じ難く、情報を確かめる

べく、タイ在住の友人にタイシェフ協会の会長さんや先生のお勤めのホテルに、

電話してもらったのですが、土日はホテルの人事が休みとのことで、真偽を

確かめることができず、月曜に再度問い合わせてもらいました。

先生は、有給休暇を取って故郷に帰省中、バイク事故で亡くなったとのこと。

ホテルの方から先生の訃報のメールをいただきました。

それによると、22日〜28日に葬儀、29日に火葬と書かれています。

この情報を頂いて、日本タイカービング協会としてリースフラワーをお供え

しました。

984301wr.jpg

デザインは、ホテルの方にお任せし、メッセージを添えていただきました。

写真の上の文章がそれで、「日本とタイでのカービングへの尽力に感謝

いたします。」というような意味です。

蘭と蓮の実のデザインです。

515_088yayayeaeae.jpg

2005年、2006年にバンコクでコンテストに参加した際にも大変お世話に

なりました。 (先生も私も若いです。笑)

私が、コンテストに出ると先生にお話しした時、先生は、「まぁ、ちょっと彫って、

ささっと帰ってきたらいいよ。」という感じだった(全く期待されてない様子。笑)

のですが、私の作品をご覧になって、それまでとは打って変わって、真剣に

今後のアドバイスをくださいました。

思い起こすと、様々なことでお世話になってきたと思います。

亡くなったということが確認されてから、先生のことを毎日思い出します。

先生の存在は、私にとって大きかったのだなと思います。

会う約束をした前日が、先生の火葬の日だということも不思議な御縁を

感じます。 御冥福をお祈りいたします。

2015/3/11 水曜日

おはよう朝日、土曜日の放送で、T様のお店が紹介されます。

Filed under: カービング, 生徒さんの作品, carving, student work — mtd @ 0:04:20

私の教室の受講生のお一人、現在は教授免状を取得され、

カービングの指導もされているT様のお店の様子が、テレビで放送されます。

「おはよう朝日 土曜日です」(6:25〜8:00)で、「土日どーする?」という

コーナーだそうです。

T様は、神戸市三宮の「北野工房のまち」という施設で、108 Ju-c-100%

というフレッシュジュースのお店をなさっています。

「北野工房のまち」は、元小学校だった建物で、神戸で有名な洋菓子店など

が入っていて、様々な体験レッスンができる施設です。

観光客の方も多く訪れる、神戸の観光施設のひとつです。

T様のお店では、フルーツカービングやソープカービングの体験やレッスンを

されていて、今回の番組で紹介されるとのことです。

私も拝見するのが楽しみです。

是非、ご覧ください。

2015/3/4 水曜日

ソープカービングのクジャク(鳥)

up1-5.jpg

ソープカービングで、クジャク(鳥)の壁掛けのレッスンをしました。

ソープは重量があるので、吊り下げる為には、取れないようにしっかり接着する

ように気を付けます。

クジャクの形自体はシンプルなのですが、動物などのモチーフは、それらしく

見えるようにバランスを調整するのに時間がかかります。

石鹸は、一度彫り始めると乾燥していく為、途中で一旦作業を止めて、

2週間などの日にちをあけて再度彫るには、困難な場合が多いです。

1レッスンは2時間で行っておりまして、2時間の間に仕上がる課題をしていま

すが、この作品は、羽などのパーツを部分的に仕上げて、それぞれを最後に

接着して完成させることができるので、2レッスンに渡って作製しました。

下に敷く紙の色を変えているのですが、それだけでも制作者の個性が

出ていると感じます。

all0642.jpg

2015/1/28 水曜日

大阪梅田のカービング教室ー大阪駅前第3ビルー

Filed under: 料理 — mtd @ 2:50:11

juno.jpg

大阪のカービング教室は、大阪駅前第3ビル(梅田)で行っています。

JR大阪駅、阪神、阪急、各種大阪市営地下鉄から地下で繋がっていて、

大変便利な立地です。

先日、梅田教室の皆様とタイ料理店に行きました。

近くに数件のタイ料理店があり、そのうちの1件のJUNOさんというお店です。

ちょっとしたタイ語で注文をしたのですが、小じんまりしたお店なので、

「なんでタイ語を話せるんだ?」などとお店の方々が話しているのが聞こえ、

こちらの様子を探っておられるようでした。

暫くして、話しかけてこられたのですが、私たちがカービング教室の集まりだと

言うと、「私もカービング大好き!習いたい。」とおっしゃっていただきました。

「今日の料理で何が一番おいしかったですか?」と聞かれたのですが、

「ホイジョー(写真左)」と言ったところ、「お店で1番人気なの。とっても手間が

かかるのよ。湯葉で巻いて、蒸してから揚げるの。」と言っておられました。

ホイジョーというのは、カニの身を湯葉で巻いて揚げている料理です。

タイでは、中身はカニの身を味付けして巻いているのですが、日本ではカニが

高いのだと思いますが、カニの身だけで作っているお店に、今のところ出会っ

たことがなく、ほとんどのお店が豚の挽肉を混ぜています。

とあるお店では、カニが入っておらず、豚の挽肉だけのときもあったりします。

こちらのお店のホイジョーは、今まで日本で食べたタイ料理店の中で、カニの身

の割合が一番多いお店でした。(笑)

タイ人のお店の方に梅田教室の場所を聞かれたので、説明しましたところ、

分かりやすい場所でしたので、すぐにわかっていただけました。

大変便利な立地にある教室ですので、是非、大阪梅田教室にお越しください。

体験レッスンも随時募集しています。お問い合わせは、info@mt-d.comまで。

次のページ »

Copyright(c) Mango Tree Decoration all rights reserved