2016/5/21 土曜日

にんじん1本そのままを彫りました

Filed under: カービング, 生徒さんの作品, carving — mtd @ 0:21:38

jfbl160519_202955.jpg

姫路教室で、にんじんそのまま1本を彫る課題をしました。

パーツを切り取って花びらを作り、1枚1枚の花びらが開いたようになり

ます。

接着剤などでくっつけているパーツはありません。

切り取る部分が多いので、切り取ったパーツもお持ち帰りいただき、お料

理に使っていただくようにお願いしました。

カービングの作品をご覧いただく際、「もったいない」とよく言われま

す。

一つは好意的な意味で、「綺麗だから、こんなの食べられない、もったい

ない。」というものと、一つは否定的な意味で、「食べ物を切り刻んで

無駄にして、もったいない。」 というご意見です。

後者の方のご意見を伺うと、とても悲しい気持ちになります。

そのような時は、「切り取った部分も捨てずに料理していただいてい

ます。」と申し上げます。

もったいないという考えは、日本の、ものを大切にする考えだと思い

ます。

東南アジアの方とお話すると、「野菜は安い。いくらでもある。」とい

うご意見を伺います。気候の熱い国は、植物は放っておいてても育つ、

というお気持ちがあるようです。米も1年に何毛作もできるくらいです。

気候が熱い国では、食べ物は傷みやすく、傷んだものを食べるより処分

した方がいい。日本人よりも食べ物を廃棄することに躊躇が少ないよう

に感じます。

野菜や果物のカービングが東南アジアの国で発達したのもそういう土地

的な背景があるのかもしれないと思います。

さて、私はレッスンの際、いつも野菜を皮むきした状態で、皆さんに

お渡しして細工を始めます。

ということで、 今回は皮むきした部分だけでも大量にありましたので、

持ち帰ってシチューにしています。

2016/1/3 日曜日

明けまして、おめでとうございます。

Filed under: カービング, carving — mtd @ 2:30:21

bl6125.jpg

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
以前こちらに載せた年賀状用に彫った野菜のカービングは、本番には使い
ませんでした。
単体ではいい出来だと思っても、いざ複数で合わせてみるとあまりピンと
こなかったりして、使いたいなぁと思っても使いません。
今年も、用意していた器にしっくりこず、なかなか最終のアレンジを決めることができませんでした。
結局最終的に使ったのは、当初はサブ的な扱いにしようと思ってカービングした花でした。

2015/8/18 火曜日

涼しげなスイカのカービングを飾ったトマトとスイカのガスパチョ

gsimage1.jpg

先日、レッスンで彫ったスイカの皮の部分を分解して、N様がトマトとスイカの

ガスパチョ(冷たいスープ)に飾ってくださいました。

いろんな柄があって、複雑で面白いです。

「カップのふちに掛けると、なんだか鳥が飲んでいるようも見えました!」との

こと、本当に鳥が首を伸ばしてスープを飲みに行っているように見えますね。

色が涼しげで、暑さを軽減させてくれるようです。

2015/6/24 水曜日

カブをカービングしたお料理

Filed under: カービング, 生徒さんの作品, 料理, carving, student work — mtd @ 1:25:31

受講生のN様が、涼しげな写真を送ってくださいました。

kbfullsizerender_edited-2.jpg

「かぶのカップ キュウリと梅ゼリーを詰めて」の写真だそうです。

以下、N様のメールより、

梅シロップを使ってゼリーを作り、クラッシュしてみじん切りのキュウリと混ぜて、

かぶのカップに盛り付けました。

かぶのほのかな甘みと、梅シロップゼリーの甘さ、キュウリのさっぱりした味で、

見た目にも、味も、涼しい一品となりました。

・・・とのことです。

お料理に合うデザインは、崩れたりしないようにシンプルなデザインが向くと思い

ます。

とてもかわいい模様だと思います。

2015/5/1 金曜日

シェリムアップ、カンボジアの素晴らしい彫刻

Filed under: carving — mtd @ 18:11:24

st1670.jpg

カンボジアのシェリムアップには、よく知られているアンコールワットやアンコール

トムの他にも多数の遺跡があり、どちらの遺跡も素晴らしく、何か所も訪問する

と、私の小さい容量の頭が飽和状態になるほどでした。

遺跡の壁に隙間なく施されたレリーフ彫刻は、当時の生活様式を豊かに表現し

たり、時間があれば、端から端まで順を追って、物語を読むように見てみたかっ

たです。

私は何カ国かのアジアの国を訪れたことがありますが、その中でカンボジアの

彫刻のデザインが最も私の好みでした。

偶像は、恐らくその国に暮らす人々をモデルとしてデザイン的に美しくデフォルメ

されて作られているのだと思いますが、日本の仏像は、丸顔、鼻は低めで目は

横長の1本ラインのよう、ボディラインは寸胴、スリランカの仏像は仏像は、鼻筋

が長く、頬は細め、首も長くボディラインは、スレンダーな感じ。

カンボジアの偶像は、目がぱっちり、女性は放漫なナイスバディで微笑みを浮

かべています。動物も目がぱっちり。こま犬ならぬ、門番の獅子は、お尻が、ぷ

りっとしています。

ki2449.jpg

私は、ベジタブル・フルーツカービング(ソープカービング)をしていますが、

カンボジアには、たくさんの参考になる彫刻がありました。

2015/3/11 水曜日

おはよう朝日、土曜日の放送で、T様のお店が紹介されます。

Filed under: カービング, 生徒さんの作品, carving, student work — mtd @ 0:04:20

私の教室の受講生のお一人、現在は教授免状を取得され、

カービングの指導もされているT様のお店の様子が、テレビで放送されます。

「おはよう朝日 土曜日です」(6:25〜8:00)で、「土日どーする?」という

コーナーだそうです。

T様は、神戸市三宮の「北野工房のまち」という施設で、108 Ju-c-100%

というフレッシュジュースのお店をなさっています。

「北野工房のまち」は、元小学校だった建物で、神戸で有名な洋菓子店など

が入っていて、様々な体験レッスンができる施設です。

観光客の方も多く訪れる、神戸の観光施設のひとつです。

T様のお店では、フルーツカービングやソープカービングの体験やレッスンを

されていて、今回の番組で紹介されるとのことです。

私も拝見するのが楽しみです。

是非、ご覧ください。

2014/12/8 月曜日

大根のバラとかぼちゃのボウルのカービングをお料理に

Filed under: カービング, 生徒さんの作品, 料理, carving, student work — mtd @ 23:37:51

ds.jpg

受講生のN様が、カービングした野菜をお料理してくださいました。

大根のバラのカービングをコンソメで煮て、月桂樹の葉をあしらったとのこと。

月桂樹の葉っぱも大根のバラに雰囲気が合っていて素敵です。

野菜のカービングは、お料理に使うと特別感があって、サーブされる方は

勿論だと思いますが、お料理したり、盛りつけたりするのがとても楽しいです。

きっとな方様も楽しくセットされたのではないかと思います。

pg.jpg

また、こちらは、カボチャを丸ごと1個カービングしたボウル型のもので、

「中にひき肉とタマネギ、くり抜いたカボチャを炒めたものにカレー味を付け、

上にチーズを乗せてグラタンにしました。焼き上がりにバターを塗ったら、

表面が光って、美味しそうになりました。(実際、美味しかったです!)」との

コメントをいただきました。

普通の大きさのカボチャ丸ごと1個ですので、かなり食べ応えがあったのでは

ないでしょうか。

レッスンの際には生の状態でしたので、タルトのような雰囲気に仕上がって

いましたが、オーブンで焼くと、こんがり焼き色がついて美味しそうです。

2014/11/10 月曜日

技能グランプリ&フェスタ-2014.11.9-

Filed under: カービング, carving, watermelon carving — mtd @ 4:17:41

wm096_edited-1.jpg

神戸国際展示場で行われました「技能グランプリ&フェスタ」の特設ステージ

にてベジタブル&フルーツカービングのデモをさせていただきました。

この度は、(公社)前日本司厨房協会関西地方兵庫県本部様にお声掛け

いただき、貴重な機会を頂戴しました。

実演時間が約90分間で、また会場が広いと伺いましたので、大阪の菊吉

先生、松原先生、的場先生にもご協力いただき、実演して参りました。

イベントのホームページから抜粋させていただくと、「技能者の技能向上を

促進するとともに、次世代を担う子供達や市民を対象として、ものづくりの

大切さや楽しさを伝え、技能への理解を深めることで、技能尊重気運の醸

成と後継者発掘・育成を目的として実施」とのことで、お子様向けの様々な

体験コーナーがありました。

ki0974_edited-1.jpg

気がつけば、私の机の前には、お子様が集まってくださって、興味津々でご覧

いただけたようです。

大人の方は、少し離れて立っておられたようですが、手元がよく見えるように

モニターに映して頂きましたので、結構細工はよく見えたとのことでした。

後で伺いますと、「体験したい!」と言っていたお子様もおられたようで、残念

ながら今回は体験はしなかったのですが、興味を持って頂いて嬉しく思いま

した。

当日は、搬入、搬出時間を含めて2時間の作業時間でしたので、現場では

(公社)全日本司厨士協会関西地方兵庫県本部の皆様に準備や片づけなど

もお手伝いいただきまして、なんとか2時間無事に実施することができました。

ありがとうございました。

2014/10/15 水曜日

おもてなしのお料理とカービング

bp-recr04_edited-1.jpg

受講くださっているT様。「娘のお友だちが泊りに来ました。その際、カービングを

あしらったお料理でおもてなししました。とても喜んでくれました。」とのこと。

華やかでかわいらしい画像をいただきましたので、ご紹介いたします。

上は、にんじんで作ったリボンを明太子のポテトサラダに巻いてプレゼントに!

こちらのにんじんのリボンは、以前より何度か使っていただいていて、私も活用

してくださっていると伺うと嬉しく思います。
ch-recr02_edited-1.jpg

↑こちらは、レッスンで作ってくださったニンジンの花をグラッセにし、鶏ハムの

ピーナッツ+レーズン巻きに添えておられます。

沢山オレンジのお花があって、メインの鶏ハムをいっそう引き立てています。

pm-recr01_edited-1.jpg

↑ そして、デザートには、ココナッツプリンを小さなカボチャで作られたそう

です。

こんなラブリーなおもてなしのお料理が目の前に出てきたら、とても感動する

と思います。

この他にもリンゴもカービングしておられたのですが、それはちょっとプライベー

トなモチーフでしたので、こちらでのご紹介はできませんが、「沢山カービング

してくださったなぁ!」と思います。

「わ〜っ!」と盛り上がってくれると嬉しいと言っていただき、そのように楽しく

お話をしてくださるT様のお姿が、私の励みになっています。

2014/8/23 土曜日

2014年パーティ

Filed under: カービング, お教室のパーティ, carving — mtd @ 1:05:11

wup.jpg

今年の教室のパーティーが、無事終了しました。

今回のテーマは、「アシンメトリー」左右非対称の模様です。

写真は、黒皮のスイカ。

中央部分に丸い円中のような形を作ってから模様を入れる場合が多いのです

が、中央に丸のパーツを作らないデザインを考えました。

こちらの作品は、中央辺りに丸い連続の模様を配置しましたが、ここで切れ目が

入っているものではありません。

丸く区切っていないスイカの表面に、円形に模様を配置するのが難しく、 また、

均等割りの繰り返し模様ではなかったので、異なったのデザインのパーツを

ほどよく配置するために時間がかかりました。

次のページ »

Copyright(c) Mango Tree Decoration all rights reserved